最近利用者が増えているカードローンとは

最近お金を借りるときにカードローンを利用する人が非常に増えています。

そこで具体的にはどういったものかわからない人のために詳しく説明していきます。カードローンとは、クレジットカードやキャッシュカードで指定された銀行口座を利用して、一定の限度額の範囲内で繰り返しローンを利用することができることです。

一般的に知られているローンには、自動車ローンや教育ローン、住宅ローン、主婦キャッシングなどがあります。これらはそれぞれの目的が限定されたローンの利用です。それとは別に、目的を限定していないのがカードローンの特徴です。

つまり、ちょっと現金が必要になった時などに便利なローンと言えます。例えば、クレジットカードが利用できないお店に行くことになって急に現金が必要になる場合があります。銀行もしまっている場合は、現金が引き出せません。

そんな時にでもカードローンを利用することで目的に関係なく現金が引き出すことができるようになります。コンビニのATMなどで24時間いつでも現金の引き出しが可能になるからです。借り入れ場所はそのほか、直接窓口でも可能です。

返済方法としては、大抵は一括払いではなく分割方式であるリボルビング払いのシステムになっています。


カードローンを利用するにあたって最大のメリットといえば、無担保で融資を受けることができることです。

自動車ローンや教育ローン、住宅ローン、主婦キャッシング、即日キャッシングなどの目的が限定されているローンを組む場合は担保が必要になりますが、カードローンは無担保で融資が受けられます。

さらに、目的が限定されているローンは融資を受けるまでに申し込みをして審査が必要になるので時間がかかりますが、カードローンの場合は審査が迅速で即日融資をすぐに受けることもできます。


だから、急に現金が必要になったときにカードローンが役に立つのです。非常にメリットの多いカードローンですが、デメリットがないわけではありません。デメリットとしては金利の高さがあります。

通常の目的が限定されているローンに比べると確かに金利は高くなりますが、短期間で返すのが可能であればそれほど高額になることはありません。

また、カードローンがお金を借りやすいことの裏返しとして、借りすぎてしまうというデメリットもあります。しかしこれらのデメリットは、無駄な借り入れさえしなければ問題になりません。しっかりと計画的に利用すれば、急に現金が必要な時に大変便利なので、上手に利用しましょう。