カードローンと信用情報

ローンにもいくつかの種類があります。各銀行ごとに呼び名やシステムは異なりますが、大きく分けると5つのローンに分けることができます。

それが住宅購入時に利用する住宅ローン、自動車購入時に利用する自動車ローン、教育費のための教育ローン、ビジネスに必要なお金を借りるビジネスローン、そして日常生活のお金を借りるカードローンです。このローンのうち利用する人の数が多いのがキャッシングやカードローンです。

カードローンで借りたお金は日常生活において自由なお金の使い道が可能です。細かいお金の利用方法を報告する必要がないので、趣味や旅行など日常のあらゆる分野でのお金に充てることが可能です。また、手軽に利用が可能であるのもカードローンの特徴でもあります。

あらかじめ、カードローンの契約が住んでいるのであれば、銀行の窓口に行かなくても、ATMやコンビニ等でもお金を借りることが可能です。また、条件によっては他のローンを利用していてもローンを組むことが可能です。

その場合は、利用上限額が少なくなりますが利用可能な範囲内ならば、月に何度でもお金を借りることができる場合もあります。それぞれの借りる機関によって仕組みが異なるので注意が必要です。


カードローンを組むためにまず必要なのが、銀行などのお金を借りる機関で審査を受けることです。審査基準は機関によって多少の違いがありますが、重要なのは現在の収入と信用情報です。借りたお金は当然返済しなければいけません。

そのため、お金を貸す人に返済能力があるかどうか見極めるためにも、収入とその人の信用情報によって貸し出しの審査が行われます。収入に関しては、安定した収入のある人ならば問題になることはまずありません。

銀行の条件によっては、主婦のキャッシングやフリーターの方でも審査を通過することが可能です。ですが、収入が安定していても、信用情報によっては審査を通過することができない場合があります。信用情報は過去に組んだローンの返済状況などがあります。

返済が延滞したことがある場合、信用情報に悪い影響を与え、カードローンはもちろんほかのローンも組むことができなくなる場合もあります。また、大学などの奨学金の返済も信用情報に含まれます。ローンの返済と同様に返済が延滞した場合は、またお金の返済が延滞する可能性があると判断されてしまうので、ローンを組みにくくなるのです。このような信用情報で、ローンが組めなくなるということがないように普段から気をつけなくてはいけません。